鈴与セキュリティ RECRUIT 採用サイト

社員の一日

トップページ > 社員の一日

機械警備

機械警備(きかいけいび)とは、警備員・守衛や用務員を置かず、代わりに警備対象施設にセンサーを設置して建造物侵入や火災等の異常を機械で察知し、その発報を遠隔地で受信し、警備員が現場へ急行し初期対応をとる形態の警備業務。

主な仕事内容

①緊急時の現場急行業務
  • 侵入者への対応業務(警察との連携)
  • 火災等の異常対応(消防との連携)
  • センサー故障対応(センサーの取替えなど)
  • お客様の誤入退室によるセンサーの発報対応
  • お客様の警備セット忘れによる対応
②車両パトロール
  • パトロールカーによる施設等の巡回
  • 不法侵入者の発見・対処
③コインパーキング対応業務
  • 精算機トラブルの対応 (紙幣の紙つまり 釣銭切れ など)
  • ゲートバーやフラップバーなどの駐車場設備不具合の対応
  • お客様の精算ミスによる対応



Schedule一日の仕事の流れ

08:30出社
8時30分
 

09:00朝礼
夜勤者からの申し送りを受ける
9時


10時
10:00機器異常による設備警報の対応
お客様の誤入館による侵入警報の対応。
  
12時
12:00休憩
  
13時
13:00待機中に書類作成などの事務作業
 

 16時
16:00待機施設から出動
 
 
18:00夕礼
夜勤者に必要事項の申し送りを実施。
18時





Interviewインタビュー

機械警備 袖師待機所勤務 礼儀や規則が厳しい反面、 隊員同士の思いやりが深いです!


きっかけは?警備員の叔父から警備業の話を聞き、この仕事に興味を持ったのがきっかけです。もともと正義感が強い方で、警察官を目指していた時期もあり、警察官の業務に近いものを感じました。

どんな仕事内容?機械警備を担当しています。主な業務は進入感知器や火災感知器などの警備機械により、各施設や個人宅、駐車場の安全を監視することです。機械警備が異常を感知すると、監視センターに瞬時に通報され、私たち隊員が現場へ急行します。侵入者の特徴や侵入経路の確認など初期対応をします。

この仕事のやりがい現場では日ごろ接することが少ない警察や消防と連携して対処することが多く、独特の緊張感が集中力を高め、やりがいにつながっています。
今後は資格取得にもチャレンジしたい!資格取得のための試験勉強は実務に直結していて、大切なことを重ねて学んでいくことができます。後輩にも教育指導ができるように、スキルアップしていきたいです。
自身の成長を感じるのは、プライベートで鍵のかけ忘れがなくなったことです(笑)。外出先でも警備機械についつい目がいってしまいますね。

最後にメッセージを!出社時の敬礼にはじまり、先輩や上司に対する礼儀など規則が厳しい反面、一緒に飲みに行ったり、ボウリングを楽しんだり、隊員同士のコミュニケーションや思いやりが深く、オンとオフのメリハリがある職場です。
何も知らないと敷居が高いと感じてしまう かもしれませんが、私たちが丁寧に教えますので、安心して入社してきてください。やる気とチャレンジ精神さえあれば、やりがいの持てる仕事です!